ベルとお菓子の家_R

ベルとお菓子の家、リメイクver

 

主人公ハンスは、妹の病気を治すため数日外に出かけていた。

そして家に戻ると、彼女の姿はなく

妹を探すため、"魔女"が住むというお菓子の家へ足を踏み入れる――

 

というストーリーのホラゲームです。


タイトル画面から美しいイラストに惹きつけられます。

そして肝心のホラー部分の盛り上げ方も素晴らしい。

おぞましい姿で迫ってくる少女。突然のグロスチルに度肝を抜かれます。

しかし、これだけ素晴らしいイラストをもってして、このゲームの本領はそのストーリーです。

グロいグラフィックと残酷そうな話に惹かれてプレイしたのに、ヒロインのベルちゃんの可愛さと、ラストの展開と、エンディング後のオマケ部屋で心洗われて泣いてしまうぐらい。

ホラーをウリにしているゲームとは思えないぐらい、よく練られたストーリーで完成度を格段に引き上げています。

 

ミニゲームがかなり難しく感じましたが、何度もやってるうちにクリアできるようにはなります。

何より、ミニゲームのときの演出とグラフィックが怖い

直前に必ずセーブポイントを入れてくれるのが、地味に嬉しいです。再挑戦がとてもしやすい。プレイヤーのことをよく考えてくださってることが伝わります。

加えて、セーブデータの枠が20個あるのも良い。エンディング分岐するゲームなので、こまめにセーブしたい方には特に安心です。

キャラクターは黒塗り。実は物語の根幹に関わる重要な伏線でもあります。

じわじわとわかっていくストーリーと、魔女の正体が気になって一気にクリアしました。

 前半で仲間になる女の子、ベルリーナがいいキャラしてますね。ロリコンホイホイ。

 

要所要所のスチルが美しい!

画力も高くて、ミニゲームも面白い。この世界と波長が合えば、のめり込むこと間違いなしです。

 

加えて、どこか切なさを感じさせるBGMのチョイスが素敵。

タイトル画面とオマケ部屋の曲がとくにお気に入りです。

 

完成度の高いミニゲーム、グロテスクで美しいグラフィック、愛憎の入り乱れるストーリー、とても好みでした。グロに耐性ある人には、どしどし勧めていきたいですね。