unreasonable

サイト⇒アルファナッツ

ダウンロード⇒Vector

魔王を倒し、さらわれた姫を取り返すために集った八人の勇者が、競い合いながらただ一人の英雄となるために戦う大冒険ストーリー!

UnReasonable」!

 

と言えば真面目なシナリオのように聞こえますが、実際はとにかく明るくてアホなノリが楽しいゲームです。

 

このゲームでの戦闘・アイテム入手は全てランダム。

なんとサイコロで決まります。

これがマップ画面です。

いわゆる人生ゲーム形式。サイコロで進む回数を決め、8人の勇者が魔王討伐のため進んでいきます。

赤いマスに止まると、魔物たちとの戦闘に移ります。

サイコロを振って、必殺技や回復を行います。敵より大きな数字が出ればこっちの行動!小さければなにもできない!超運任せな、戦略もなにもあったもんじゃないバトルです。

 

HPがゼロになると、進行度に合わせた拠点に帰還し、そこからまた再スタートです。

8人のうち誰かが負けたからといってゲームオーバーになることはありません。

 

ではこのゲームにおけるプレイヤーの役割とはなにか?

運任せによる楽しみはなにか?については後述します。

勇者たちを待ち受けるのは、もちろん戦闘だけではありません。装備、能力の強化もすべてランダム!

紫色のマスが戦闘、黄色はアイテム。青はいいことが起き、赤は悪いことが起きます。

では、プレイヤーは何も考えず黙々とサイコロを振っているだけなのか?

 

ここで登場するのが「英雄値」という数値です。

八人の勇者にはそれぞれ「英雄値」があり、ラスボスを倒したときにこの数値が一番高いキャラがエンディングを迎え、真の勇者となります。

英雄値は青&赤マスで上昇下降しますが、道中のボスを倒したとき、ラスボスを倒したときは特に多く獲得できます。

我々プレイヤーは、この英雄値をある程度に動かすことができます。

青・赤のマスで英雄値を移動させることができる他、英雄値が高すぎるキャラクターをボス戦前で足踏みさせたり、逆に活躍してほしいキャラクターを早く進ませたりなど。

 

こうして完全ランダムの世界に介入することができるのです。

 

もちろん感情を一切抜きにして、やたら運の悪いキャラを不憫に思ったり強いキャラが回りを蹴散らすのを楽しく見守ったりするのも面白味があります。

同じマス目に二人止まってしまった場合には、勇者同士の戦闘が行われます。
英雄になれるのはただ一人!
心の中でどちらを応援するか、それとも完全に公平な目で見てあげるかは自由です。

体力が減ってきたら、休息させてあげることもできます。
プレイヤーの好きなように彼らの冒険の軌跡を作ってあげましょう。

道中には、何人かのボスが待ち構えています。
そこらへんの雑魚とは違い、攻撃力が桁違い!サイコロの出によっては、味方がなにも行動せずに即死することもあります。

 

しかし完全ランダムなこのゲームでの救済措置があります。
それは、ボスのHPは一度減らしたら回復しないこと。
いろんなキャラを突撃させて何度でも挑み、運を天に任せつつ倒していきましょう!

完全ランダムなゲームの面白いところは、(1位になることを除けば)

①先が見えないワクワク"、

②ゲームオーバーがないからこその投げ打つようなプレイが可能

③完全に運なのにストーリー性を感じるような展開

があると考えています。

 

①は文字通りなので割愛。

②は、たとえば人生ゲームでいうところのハイリスクハイリターンなルートに進むようなものです。一歩間違えば大破産!でももしかしたら大儲け!そんなリスクを背負いつつお金を得る快感があります。

このゲームでも、あえて敵と連戦しまくるルートに進ませたり、味方同士のバトルをさせたりとリスキーな状況に飛び込むことができます。

 

③は、こういったシナリオとシステムを絡ませたゲームにありがち。

ここぞ!というシーンでお気に入りのキャラが何度も良い数字を出す、同じキャラが何度も同じマスでぶつかり合うなど、運任せにも関わらず「プレイヤーの意図が通じていそう!」「キャラクターに意志がありそう!」と思わせる瞬間があります。

(戦闘のあるゲームで、全滅ギリギリのところで味方が敵の攻撃を回避してくれると燃えたりしませんか?)

 

完全ランダムだからこその"熱い瞬間"がこのゲームでは多くあり、OP以外では言葉を発しないキャラたちの見えない闘志まで感じ取ってしまうような楽しさがあります。

八人も操作したくない方のために、オートで進んでくれるキャラを設定することも可能。(Escキーでこの画面が開きます)

オートキャラは戦闘もスキップできるのでさらに簡単に進めることができます。

また、このゲームの大きな特徴がスゴロク以外にもう一つ。
ゆるいシナリオとキャラクターの濃さです。

オープニング。魔王が姫をさらいにくるRPGの定番シーンだが…。
人間とは時間の感覚がズレている。

半ば誘拐される形で魔王討伐に参加させられた剣士や、

なんの意味があるのかわからないが参戦するバニーちゃんなど。

(なぜか強い)

 

個性豊かなキャラが、ゆるいノリで戦いを繰り広げます。

スゴロクというコミカルさと相まって、姫を助けに行くという使命を背負っているハズなのに終始ギャグ空気で進みます。肝心の姫もさらわれたことに怯える様子などないので、問題なし。

難しいことなど一切考えずに気を抜いて楽しめます。

また、ボスとの会話も最初に到達したキャラによって変わるので、何度繰り返しても新鮮で、ハマるとついつい何周もしてしまいます。

 

運を制し、英雄の座を手にするのは誰なのか!? 

超運任せ!でもときどき作為的!

かわいいキャラたちが繰り広げる、簡単操作のスゴロクゲーム。オススメです。

サイト⇒アルファナッツ

ダウンロード⇒Vector