一言レビューページです。

オススメしたいゲームを簡単に紹介していきます。 順番は思い付きなので、特に意味はありません。

 

ネタバレはしないつもりですが、予備情報なしでゲームを楽しみたい方は見ない方が安心です。

一言レビューの画像が増えてきたので、二個目を作りました。



奇妙な復讐

【奇妙な復讐】ダウンロード→作者様サイト

 

クリアまで十分もかからない見るゲー。とある神父とゴーレムの話。

たったこれだけのプレイ時間で、プレイヤーに感情移入させ、陰鬱な気分にし、美しい余韻を残してくれるゲームは稀でしょう。憎しみと愛を生身のまま突きつけられるような作品です。語ると魅力が半減してしまいそうなので饒舌に説明はできませんが、一度はプレイしてほしい。

「わたしは、あなたにとって……愛するものになれましたか?」


三億年帝国の夢(現在MVでリメイクされています)

【三億年帝国の夢】

ふたり、旅に出る。ノンフィールドRPG

ヒーローに憧れて肉体を改造したエーロッドと、とある目的を果たすために病身ながら戦うディレク。この二人を中心に描かれる、泥臭いヒーロー物語です。

 

章ごとに分かれていて、フリーファイトというコマンドで好きな時にレベル上げができます。

 

古い映画を見ているような気持ちにさせてくれる会話と、独特のタッチの絵が魅力的。どこか洒落てる軽いノリの文章センスが素晴らしく、本編に関係ないイベントも積極的に見ていきたくなる高クオリティ。

展開が早めで、下手な引き延ばしもなくサクサク進むのが好印象。

 

戦闘はデフォ戦でテンポの悪さと少し高めの難易度が目立ちますが、ボス戦直前まで会話をスキップできる親切設計でストレス軽減が図られています。

中盤から広がっていく世界の設定についていくのが少し大変なのと、フリーファイトで戦える敵が強めなのが少しもったいないですね。

 

強さと弱さ、熱さと切なさを見事に融合させたストーリーで、特に最後の二章では「こんなヒーローが存在していいのか!?」と叫びたくなる衝撃が襲います。

ハッピーエンドではない、けれどこれ以上の最後を望めない最高のエンディング。

主題歌「三億年帝国の夢」を聞きながら海を見に行きたくなる、そんな余韻を残す英雄譚。

 

現在、MVでリメイクされています。そちらはまだプレイできていないので、追記はまた後程。


きらほし

【きらほし】ダウンロード→ふりーむ様(注意:鬱シナリオ)

鬱な百合ゲーム。ほのぼのとしたキャラクター、明るいタイトル画面に反してドロドロとしたストーリー。

主人公の行動によってルート分岐しますが、分岐地点はとてもわかりやすく、ミニゲームも簡単で親切な設計。

 

それぞれのルートでエンディングこそ違いますが、キャラの性格・ストーリーの根幹は一貫しており、全てのルートを終えた後には「なるほど、あの行動はこういう意味があったのか」と納得できる伏線が多くはられています。

どの分岐でも必ず誰かが命を落とす欝々しいお話ですが、妙に癖になる作風

 

暗く、救いのないストーリーが好きな方には、百合だからと敬遠せずにプレイを推奨したいです。

とあるキャラエンディングのあと選択肢が出ますが、あれは「いいえ」をオススメします。最後まで隙のない作りです。


ぷちだんLO

ダウンロード→ふりーむ様

 

モンスター娘を育成してダンジョン潜り!なゲームです。

ダンジョン内で可愛いモンスター娘をお持ち帰りして共に戦います。

 

セピア色のマップと、ロリロリしいモン娘たちが特徴的。一緒に宿に泊まるとカラースチルも見れるぞー!!(歓声)

 

スキルにはそれぞれ特徴があり、ボス戦では敵の属性や残りHPを見極めた駆け引きが必要とされます。かわいいイラストだけを求めてプレイすると心折れるかもしれません。

クリア後のオマケバトル、称号などのやり込み要素もアリ

凝ったシステムはありませんが、その分操作がわかりやすく、ウェイトも少なく快適です。

 

キャラとの交流が少ない点・単調なレベル上げ作業が必須な点は少し不満。

 

絵・戦闘関連ともに好みはわかれそうですが、レトロ風なRPGを楽しみたい方にはオススメです


ネクロマンス

ダウンロード→ふりーむ様

100体の魔物を仲間にしてダンジョンを進むRPGです。

 

レベル上げ部分が多く作業感が強い面もありますが、それ以上に大量のモンスターが魅力的。

図鑑の説明が練られており読んでいて面白いので全てのキャラを集めようと躍起になります。モンスターごとにスキルも違い喋りもしない仲間なのにキャラが立っているのも良い。

 

私はレベル上げ作業が好きでないタイプなのですが、このゲームはついついキャラ集め&レベル上げに奔走してしまいました。

シンボルエンカウントですが、狭い道に結構集まっていたりするのであまり意味がないときも。

 

実はマルチエンディングで、主人公を取り巻く切ない一族の物語を描いています。

 

語り部分は少ないですが、ストーリー・ゲームシステム共に満足できる出来。

黙々とダンジョンを潜るタイプのゲームが好きな方には特にオススメです。


頽廃ノスタルジア

映画のような雰囲気のホラーノベルです。

恋人の故郷にやってきた主人公に襲いかかる恐怖の夜を描きます

 

心臓を鷲掴みにされるようなスチルや背景・生々しい効果音の使い方が見事。

どこか薄暗い過去の回想シーンの出し方、襖から伸びてくる手の緊迫感、時間制限のある選択肢、全てがプレイヤーを精神的に追い詰めます。

オプション画面すら手を抜かない凝り方が更に好印象。

 

ちゃんとストーリーはあるのですが、残念ながらあまり印象に残らなかったですね。

 

ゲーム制作の参考に薦めていきたいぐらい素晴らしい演出なので、ホラゲ好きは必見!

ぜひ、この寒気を共有しましょう。


さよなら、モナーRPG。

「オワコン」=ブームが去り、忘れられたコンテンツとなった者たちが、存在価値を取り戻すために戦うRPG

VIPRPGという くくりに入ってますが、VIPキャラを知らなくても問題ありません。

 

最終目標は決まっていますが、それにいたる道のりは自由です。どこから行ってもいいし、どんな敵を倒してもいいし、街を滅ぼしたって構わない

ダンジョンは妙にグロテスクだったり何故か唐突に温泉街に放り出されたりと非常に個性的。音楽もその場にあったチョイスで、良い盛り上げ方をしてくれます。

戦闘はデフォ戦ですが、敵によって戦略を変える必要があり、単調にはなりません。

 

このゲームで取り上げられているのは2chでブームとなっていたキャラについてですが、テーマ自体は他のコンテンツについても同じことが言えると思います。

今まで、一世を風靡したのに忘れられていくものがどれぐらいあったでしょうか。そしてそれらが、今どうなっているかなんて、普通は考えもしない。

このゲームでは、そんな隠された面に焦点を当てています。


タイトルからも想像できる、切ないストーリー。でもそれは、決して悲劇ではない。

主人公たちと旅を共にした後、何か心に残るモノが、きっとあるはずです。


ひよこ侍

「生きるために剣を振るうあんたが剣を振るために生きる俺に勝てるわけがない」

 

終始気分を陰鬱にしてくれるRPG

剣を極めるため、ひよこの着ぐるみで身を隠して各地を回り、大事なものさえ そぎ落としていく主人公の末路は…?

和風なシリアスゲームです。

 

孤独に剣の道を歩む侍・テューン。彼に惚れ込む美女アイシャ、最大のライバルにして皇帝のジャンルーカ。卑剣使い・主人公の師匠・両親…。全ての登場人物が絡み合い、救いの無い終わりに向かってゆく雰囲気がとても重々しい。

 

戦闘は11の決闘方式で、かなり工夫された自作戦闘です。

あらかじめセットしてある技を使って、敵との距離をとりながら剣を振るう様は、まさに侍。プレイヤーの側も息つく暇もありません。

たとえレベルが高くても、一瞬でも気を抜くと殺られるリアル戦闘が楽しめます。

 

剣に生き、何を捨てるか。何が残るか。

どんな結末であろうとも剣に生きる苛烈な主人公の行く末を追いたい方は、どうぞ。

実はマルチエンディング。どこまでもプレイヤーの心を砕いてきます。

 

gameoverの画面は永遠のトラウマ。


メイジの因果録

メイジの因果録

う、運命の旋律を感じる・・・!!間違いない、この船に運命を正すものがもぐりこんでいる!!」

 

伝説となったフリーゲーム「メイジの悲劇嘆」の続編。(そちらの紹介は「レビュー」参照)

前作の主人公リディオの息子ブラネェドと、リディオの戦友ブルーとラクティオハ、ブルーの弟子ゾレルマラード、そしてヒロインのレクセリアと共に、彼らはまた運命と立ち向かうことになる・・・。

 

私が大好きなゲームの続編ゆえ贔屓目部分があることは自覚していますが、それを除いても圧倒的文才とスピード感が激しくプレイヤーの心を揺さぶってきます。

"ブラネェド"という主人公の名前・彼が最初に発する「見ろ、この咲き乱れる命の数々を」というセリフからもそのセンスの片鱗を感じていただきたい。

 

恐ろしい程に印象に残る言葉選びも 前作の雰囲気をそのまま残し、イラストを惜しみなく使うイベントシーン、テンポの良い会話、爽快感のある戦闘…と相変わらずの高いクオリティを誇ります。

一本道なので迷うこともなし!サクサク進みます。

 

ギャグゲーだと騙されてプレイしてみてください。フリーゲームの新境地を体感できます。


Fighting Typers

Fighting Typers

その名の通りタイピングで戦うゲームです。

10人のキャラクター(隠しで+5人)の中から好きなキャラを選択して、タイピングの速さ・精度で一騎打ちします。

 

キャラには固有のアクション&必殺技があり、何度プレイしても飽きない視覚の面白さが特徴的。

 

戦闘中、タイピングを続けていると必殺技ゲージが溜まり、溜まり切ったときにミスせず打ち終えると大ダメージを与えられますが、そんなときに限ってタイプミスして悔しがるのも醍醐味。

 

レベルも大量に用意されており、苦手な人から得意な人まで楽しめます。

戦闘のときのBGMが変えられたり、トレーニング用のミニゲームも種類が豊富だったりと痒い所に手が届く設計です。

 

全体的にゆるい雰囲気なので、気軽に、でも燃えるタイピング練習をしたい方にオススメです。


かみさま、

かみさま、

キリスト教を舞台に、俗に裏切り者と呼ばれるユダは何故イエスを裏切ったのか、それを作者さんの考えから明らかにする異色のノベルゲームです。


それぞれの弟子たちを主人公に描かれる偶像劇であり、章ごとに主人公が切り替わります。
要所要所のイラスト・3Dムービーがリアルさを持たせてストーリーに彩りを添え、ユダの微妙な思いの変化を見事に演出。
序盤~中盤までにキャラクターの性格や関係性を理解させ、後半から一気に纏め上げて物語を加速するので、目を離せない怒涛の展開を楽しめます。

これといった大きな欠点は見つかりませんが、見る人によっては男性同士の友情の描き方に違和感を感じる部分もあるかもしれません。(私はちょっとだけ感じた)

このゲームの魅力は「最初から終わりがわかっていること」です。
ユダはキリストにキスをして裏切ったことで有名ですが、このゲームでは聖書を元にしており作中でもユダが裏切ることが示唆されています。
彼が何故、最愛の師であるイエスを見捨てる真似をしたのか
――それを知りたい、というプレイヤーの思いがゲームの原動力でもあります。


全て読み終えたときプレイヤーの心に何かじわりと残るものがある、そんなお話です。


セカイノミカタ

セカイノミカタ

ダウンロード→vecter様

日常系一本道ミステリーノベル。

 

主人公の新山直は、誕生日に姉の言いつけで紅茶店へ行く。そこで出会ったのは姉の知り合いだという美しい少年、法条宝。彼は、新山直の姉が言っていた「世界を救う方法」を知りたがる。様々な事件と人物が主人公たちを取り巻き、そのすべてが、一つの結末に向かって静かに収束していく…。

 

このゲームの特徴として二つ。

 

一つ目に、少し大きめの文字で彩られた、難しい専門用語を使わない文章が非常に読みやすいこと。ウィンドウに入る文字数も少なく、「文を読まされている」感覚がありません

 

二つ目に、オシャレの演出かつ伏線の役割を果たす会話

本作は完全に一本道で選択肢のないゲームなので、基本的に「寄り道」の会話はありません。セリフの多くは伏線になり、後々「おお、そういうことだったのか」と思わされます。

しかしそれも、「紅茶店」という舞台で、紅茶の種類などの一風変わった話に紛れて入ってくるので「これが伏線だ!」と意識することなくスッと理解できるようになっています。

 

表情がコロコロと変わる立ち絵もポイント。

キャラクターがアニメのように動くオープニングは特に圧巻です。

 

一つだけ気になる点があるとすれば、セーブスロットが少ない…!読み返したい会話とかたくさんあったので、もっと余裕があると嬉しかったですね。


勇者の追憶

勇者の追憶

今からラスボス戦、という場面で目覚めた主人公。なぜか記憶も飛んでいる。

おそらく共に戦ってきたであろう仲間三人に励まされ、彼は仲間たちと最後の戦いに挑む――。

 

・・・という一風変わった設定のADVゲームです。

 

主にRTPデフォルトの素材で作られた本作ですが、話の魅せ方はピカイチ。

普通だったら数時間のプレイで味わう感動が、たった30分の間に凝縮された濃さです。

数秒でループする緊迫感のある選曲センスも話を引きたてます。

 

エンディングは二種類ですが、普通にプレイしていれば連続して見られるようになっています。

謎解きもありますが、readmeにヒントが書いてあり難易度は低め。物語に集中できるようになっています。

 

プレイ後にもじわりとした余韻が残り、登場人物たちの過去に思いを馳せたくなるような切ないストーリー。こんな勇者が、ファンタジー世界のどこかにいるのかもしれない。


遺書

遺書

「彼」と「彼女」ふたりの目線から綴られるノベルゲーム。

テーマはバレンタイン。

 

薄い背景に溶け込む、透明感のある文章が素晴らしい。難しい言葉は使われず、本当に現実で交わされているような自然なセリフばかりですが、それがこのゲームへの没入感を高めてくれます。

 

じんわりと染み渡るような雰囲気から語られる、恋というにはあまりに尊い男女の愛。20分ぐらいで終わる短編ですが、クリア後にはこの二人の過去を、訪れるはずだった未来を夢想してしまう、号泣必至のお話です。

 

余談ですが、作者である三保様は「Eadefrike」を制作された方でもあります。

一言レビュー内でも触れてます。


僕とあの子の箱庭絵本

僕とあの子の箱庭絵本(注意:一部血表現あり)

奇妙な者たちが住む世界に一人紛れ込んでしまった人間が主人公の短~中編RPG。プレイ時間は5時間程度。独特の自作グラフィックに加え、少し不気味な世界観が見どころ。

 

世界観の作り込みは徹底されていて、文字フォントや魔物まで、”箱庭”である舞台を演出するための工夫がされています。

 

かわいらしい題名に反して、終盤は酷く切ない、泣けるストーリーです。話の描き方がとにかく丁寧で、一本道ながら”やらされてる感”なく最後まで没入できるのも魅力的。戦闘や謎解きの難易度は低めで、ストレスを感じない作りになっています。

 

シナリオ重視なRPGを求めている方には特にオススメ

泣ける話ですが鬱ではなく、良い読後感を得られる完成度の高い作品です。

大事な人を失って”箱庭”に残された者たちが辿る物語、絵本をめくるよう感覚でプレイしてみてください。


詩歌を嗜むRe

【詩歌を嗜むRe】注意:癖が強い直接的な性的表現・拷問に近いシーンがあります。

VIPRPG製(VIPRPGの知識は不要です)見るゲという分野に属し、ひたすら読むゲームです。選択肢はなく、アニメーションが派手な一本道ノベルのようなものと思っていただければ。

人を模して造られた人でないものが、様々な人物との関わりを通じて人へ近づいていくお話。

プレイ時間は4時間程度で、ちょっと長めの映画を見るような感覚です。

 

このゲームの見どころは1にシナリオ2にシナリオと言いたいぐらい、ストーリーが素晴らしいの一言

登場人物たちは皆"ゲーム内で動くキャラクター"ではなく"生きている人・もの"

それぞれに信念があり、理想があり、感情があり、動かされているのではなく動いているのが伝わってきます。

 

そして話を盛り上げるための演出も凝っています。戦闘アニメやカットイン、歌入りBGMなどを適所で用いてプレイヤーを盛り上げます。

 

まずは30分だけでもプレイしてもらいたいです。

世界の為に犠牲になる人間・ヒトとヒトでないものの対立、そういうワードが好きな方には更にオススメ。

生きる意味を考えさせられる名作です。


ホシノリズーム

【ホシノリズーム】 

ダウンロード→ふりーむ

 

画面上に流れてくる星を、曲のリズムに合わせてキーを押すことで爆発させ、良いスコアを目指すリズムゲームです。

 

クオリティが高くノリノリになれる自作曲と共に、大きな爆発を起こすのが爽快感溢れます。星はただ消せばいいだけではなく、一度にたくさん巻き込んだりコンボを繋げたりするとその分スコアが上がっていく仕組み。 

 

十字キーで移動、Xで叩くだけ!面倒な操作は一切ナシ!ですが、うまく曲にタイミングを合わせてハイスコアを出すのはなかなかに難しく、初心者からリズムゲームに慣れた方まで幅広く楽しめます 

ステージは全部で6つ。短時間で簡単に楽しめるので、ぜひプレイしてみてください。


殺人メルヘン

【殺人メルヘン】注意:グロテスクな表現が含まれています

ダウンロード→ふりーむ!

 

平和な動物たちの町で、突如起こり始めた連続殺害事件を追っていく、一本道ノベルゲームです。 

誰が犯人かわからずに疑惑を抱き信頼できる人を求める主人公と、プレイヤーの心境が重なることでとても読みやすくなっています。

 

BGMはなく、環境音やおどろおどろしい効果音だけで演出される推理劇が不気味。殺害シーンでのグシャリとした音や、独特な絵で描かれる一人一人と消えていく動物たちに怯えながらも、最後に真相を知ったあとは特に背筋が凍ります。

 

濃いシナリオながらも、短編なので気軽にプレイできるのもいいですね。

ぜひ意外な犯人の正体を暴き、動物たちの町がどうなっていくのか見届けてみてください。


アルテール・エゴ

 【アルテール・エゴ】注意:BLっぽい表現・暴力・性的表現等

ダウンロード→ふりーむ!

 

二つの対立する里でそれぞれ生まれた2人の男を中心として展開されるバイオレンスなノベルゲームです。選択肢なしの一本道シナリオ。

今まで不干渉を保ってきたがこれからは里同士協力していこう、と手を取り合っていこうとしたさなか、歯車が狂い始め、主人公たちは否応なしに戦乱の世に巻き込まれていく――。

 

序盤はテンポのいいギャグに笑い、中盤以降は白熱の戦闘シーンに興奮し、終盤は感情移入していた登場人物たちの死と生きざまに涙する、そんな熱いゲームです。全編、尺の引き延ばしがなく、どのキャラも必要不可欠の存在。強い没入感が得られます。

 

このゲームを語る上で外せないのが、暗殺を生業とする主人公たちが繰り広げる、血が舞い散り肉が裂け骨が砕けるバトルシーン場面にあった選曲が彩る、ときに残虐・ときに儚げな見応えある戦闘を楽しめます。また、音と文章がメインなため動きを表現しづらいノベル形式でありながら、大量のスチルやポーズの差分によって目の前で実際に剣劇が行われているような緊迫感が味わえるのもポイントです。

 

ギャグパートと殺伐としたシーンのメリハリもよく、キャラたちの境遇を理解してきたころには、鬼気迫る戦いぶりと生の遂げ方に心動かされていきます。あまりにも悲惨な末路をたどる人物も数多くいますが、それもまたこの世界での生死観を色濃く浮き彫りにするためのもの。シナリオを完成させる上でまったくの無意味な死を遂げるキャラはいません。

 

男キャラが多めで、同性愛や性的・暴力的表現もありますが、大丈夫な方にはオススメしたい作品です。女キャラも総じてクセが強く魅力的。余談ですが、戦闘狂タイプのキャラも多くいるのでそういったキャラが好きな方はぜひプレイしてみてください。