最近、ゲーム紹介の方がおろそかになってますので、クリアしたオススメゲームについて、忘れないようにここでさらっと触れておきます。

紹介の方に後々ちゃんと移す予定。

ここに追記しても更新情報には載せません。

「メイジの転生録」VIP紅白で優勝したゲーム。ADV風。演出が前作・前前作よりはるかにパワーアップ。突然なイベントも雰囲気に呑まれて面白く感じる。間違いなく万人にオススメ。

ラドかわいい。性別はどっちでもいいと思う。

VIPRPGの知識はなくてOKだし、そもそもVIPキャラ出てこない。

 

「エンディングノート」VIPRPG。見るゲ。飽きない。全てにおいて突き抜けて完成度が高い。

人の死の描き方が好き。セリフだけでなく表情・沈黙で心情を語るのも良い。章立て。

ふたりだけのエンパイアというシナリオがとにかくツボだった。

VIPRPG知らなくても大丈夫。知ってたら更に熱いかもってぐらい。勇者・魔王軍のとことか。

 

「アイマス」VIPRPG。ヒロイン選択式の短編RPG。スタイリッシュなつくり。戦闘は結構歯ごたえあるけど、レベル上げればゴリ押し可能。選曲センスが高すぎて、このゲームに使われてた音楽がすべてアイマスのイメージになるというデメリットが。まだED全部見てない。モモルートの最後と、ダンスホールなんとか~的なマップへの入り方が最高だった。

VIPRPGの知識なくてもOK。

 

「スパークⅡの不幸な一日」VIPRPG。見るゲ。直球で言うと美少女がトイレ(小)我慢する話。

ダレないし、主人公の焦りっぷりがとても良かったし、イラストもめちゃくちゃかわいかった。特にエレベーターのシーン印象深い。水煮さんの方もプレイせねば。

VIPRPGの知識なくてもOK。多分。

 

「WIZMAZE」終始貫かれたハイファンタジー的世界観が特徴的なRPG。全エンドを見るには3周必要だが、細かいイベントの分岐や美しいマップで飽きない。立ち絵やスチルの完成度も高い。レベル上げが面倒というレビュー/感想を見たけど、個人的には気にならなかった。専門用語が多いので、一周目はつらいかもしれない。けどすぐ理解できる。謎解きもあるが、解かなくてもゴリ押せる親切設計が良い。アルマくんがかわいい。

まとめると、文句つけるところがない大作。

 

「過去への渇望」

刺激的なノベル。ぞくぞくするシナリオ展開と美麗なスチルが魅力的。

好奇心がテーマだけど、このゲームをプレイする側が、間違いなく悲劇的ななにかが待っていることを予感しながらもドキドキしながら読み進める感情とピッタリだと思った。